hi_bana'sphotostream

2007年05月06日

WBC世界S・ウェルター級タイトルマッチ


オスカー・デラ・ホーヤVS.フロイド・メイウェザーは12ラウンド判定でフロイド・メイウェザーが勝ち5階級制覇を達成しました。

判定は115−113、116−112、113−115の2−1と僅差の判定でした。

前半はデラ・ホーヤがパワーを活かしてメイウェザーのスピードを抑えて有利に進めたように思いますが、5ラウンドに攻め込みながらメイウェザーのカウンターを食らってガクッと落ちそうになったころからメイウェザーの方に風向きが変わってきたように思いました。

後半は完全にデラ・ホーヤのスタミナ切れで失速し、前半のアドバンテージを消化してしまったのでしょうね。

それにしても負けたとはいえ、デラ・ホーヤの底力には脱帽ですね。ここまでメイウェザーを苦しめるとは思いませんでした。

メイウェザー、勝利者インタビューで引退を表明しました。ちょっとというか、かなりびっくりしましたがどうなるんでしょうか。逆にデラ・ホーヤの方が引退については言葉を濁していました。

どちらの選手もまだまだ良い試合を見せてくれるのは間違いないですから、引退なんて言わずに続けてもらいたいものです。

試合は高い技術の攻防が見られてとても満足だったんですけど、放送中のゲストのあおい輝彦の声がうるさくて(まるで自分の家で酒飲みながら喚声をあげている感じ)辟易しました。途中から急に静かになったのは苦情の電話でも入ったんでしょうか?ただ、最終ランドではまた復活しましたけど。ガハハ。
posted by hi_bana at 18:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『犬神家の一族』(
Excerpt: ・萬田久子。あおい輝彦の佐清に尾上菊之助。島田陽子の珠世に松嶋菜々子。あと坂口良子に深田恭子、小沢栄太郎に中村敦夫、三木のり平に林家木久蔵、金田龍之介に岸部一徳、小林昭...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-05-09 17:41

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。